沿革・経歴


 1979
 昭54
 
 千代田区神田三崎町にて業務開始
 1982
 昭57
 
 プリンストン大学エネルギーワークショップに参加
 1983
 昭58
 
 業務拡大に伴い、千代田区猿楽町へ移転
 検査工程用画像処理システムの開発
 1984
 昭59
 
 サンパウロ大学エネルギーワークショップに参加
 1985
 昭60
 
 住宅のエネルギー消費評価システム「HOMES-K」「HOMES-S」を開発
 開発開発途上国のためのエネルギー・プランニング・ソフトウエア「ENERPLAN」を国連向けに開発
 コスタリカとニューヨークにて国連のワークショップに協力
 1986
 昭61
 
 日本初のヨットのダイナミックシミュレータ「ダイナヨット」開発・販売
 1987
 昭62
 
 アメリカズ・カップ・日本チャレンジ・チームのヨット性能評価プログラム開発
 1988
 昭63
 
 経済予測ソフトウェア「エコノメイト」を共同開発。本ソフトウェアは東洋経済新報社より好評発売中
 バンコック国連エネルギーセミナーに協力
 1989
 平1
 
 業務拡大に伴い、中央区東日本橋へ移転
 電子ブック1号機の開発
 学習曲線による太陽電池コストの分析
 1990
 平2
 
 電子ブックの設計研究
 1991
 平3
 
 電子ブック用ソフトウェアの開発(1991~1997)
 1993
 平5
 
 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第2次報告書作成に協力(IPCCは2007年ノーベル平和賞を受賞)
 1997
 平9
 
 COP3向け日本の低炭素エネルギーシナリオの作成
 2001
 平13
 
 仁川の日韓エネルギー環境会議に参加
 2002
 平14
 
 モントリオール国際水素エネルギー会議に参加
 燃料電池のコストモデルの開発
 2004
 平16
 
 ワシントン日米エネルギー・ワークショップに参加
 2005
 平17
 
 地域水素エネルギーシステムの研究
 2006
 平18
 
 リヨン国際水素エネルギー会議に参加
 2009
 平21
 
 京都エコエネルギー学院設立に協力
 2010
 平22
 
 住宅用燃料電池のシミュレータ開発
 2011
 平23
 
 「脱炭素社会へ向けたエネルギーシナリオ提案」の作成(2011~2013)
 2014
 平26
 
 Global Reneable Energy Conference,Tokyo に参加 
 2015
 平27
 
 Eco Design 2015 International Symposium,Tokyoに参加 


ソフトウェア開発

エコノメート ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 マクロエコノメトリクス研究会の開発に参加して実用化した。計量経済モデルのデータ入力・回帰分析・モデル作成・シミュレーション・結果の要約が一連のメニューにしたがって行えるシミュレータ。Windows版。東洋経済新報社より発売中。全国の大学、官庁、調査機関から好評で迎えられ、経済統計データと標準的な日本経済マクロモデルが常時更新されている。

ENERPLAN ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 国際連合技術開発協力局(天然資源とエネルギー部門)の依頼により、Tokyo Energy Analysis Group 共同で開発したエネルギー・プランニング・ソフトウェア。開発途上国のエネルギー・プランナーにより60ヶ国以上で利用されている。このソフトウェアのフィールド・テストとセミナーは、コスタリカ、ニューヨーク、バンコック、東京(外務省協力)にて行われている。 国連DTCDより世界各国へ無料配布された。(IBM PC/AT用)

HOMES-K HOMES-S ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 IBEC(財団法人 住宅・建築 省エネルギー機構)の依頼により、開発した住宅用エネルギー消費シミュレータ。HOMES-Kは簡易版、HOMES-Sは詳細版である。エネルギー産業、住宅産業、建築家向け。(NEC PC9800シリーズ用)

ダイナヨット ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 日本ではじめてのヨットの本格的なダイナミック・シミュレータ。ヨットの動特性を流体力学をベースにした微分方式で記述した数学モデルを利用している。ヨット雑誌「舵」や「アスキー」に紹介され評判となった。また、「三重県子供の城・博物館」には常設展示されている。ヨット愛好者、ヨットスクール向け。Windows版を開発中。

建築物のライフサイクルエネルギーの評価プログラム ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

建築物の建設・使用・改修・破棄のライフサイクルにわたるエネルギーを評価し二酸化炭素排出量を計算するプログラム。